リハぷらざみやぎの介護バイト夜勤【賞与あり介護士・看護師求人情報】

☆介護職員基礎研修取得者の求人多数。

☆ヘルパー1級取得者の求人多数。

☆各種手当充実で希望休ありでライフスタイルを優先できます。

☆看護師取得者の求人多数。☆介護福祉士取得者の求人多数。


リハぷらざみやぎのでは介護職員が足りません!
雇用環境も国家戦略の元改善傾向にあります。
就職後、キャリアアップのバックアップ制度もあります。
まず、あなたの希望をお話下さい!

今すぐ求人を確認しよう!
カイゴジョブ申込み



リハぷらざみやぎのの概要

郵便番号 〒983-0045
住所 宮城県仙台市宮城野区宮城野2丁目14-11-102
電話番号 022-352-6681
施設形態 デイサービス
地図
※ご注意下さい。 ※記載している介護施設とリンク先とは一切関係ありません。

リハぷらざみやぎのの求人が募集されているかはコチラに登録して確認して下さい。


カイゴジョブ申込み



賞与あり介護士・看護師求人情報

☆介護職員基礎研修取得者の求人多数。

☆ヘルパー1級取得者の求人多数。

☆各種手当充実で希望休ありでライフスタイルを優先できます。

☆看護師取得者の求人多数。☆介護福祉士取得者の求人多数。


介護施設では今人手が足りません!
雇用環境も国家戦略の元改善傾向にあります。
就職後、キャリアアップのバックアップ制度もあります。
まず、あなたの希望をお聞かせ下さい!

今すぐ求人を確認しよう!
カイゴジョブ申込み



お探しの職種や雇用契約は?

管理栄養士・医療事務・介護事務・送迎ドライバー・看護師・機能訓練指導員・管理職・サービス提供者・生活相談員・ケアマネージャー・ヘルパー・家事代行スタッフ
の職種を希望で

正社員・契約社員・パート・アルバイト・派遣
の雇用をお探しならコチラがおすすめです!



介護施設の転職で給与アップ

今、介護の職場を取り巻く状況はものすごいスピードで変化しています。次の転職活動の時には知っておいた方がいいこともいくつかあります。

「給与アップ」「待遇改善」について、まとめてみました。

介護職場の転職で給与アップ

「介護職員処遇改善加算」という取り組みをご存じですか?

国では、介護職員を増やすべく、介護職員の賃金や研修制度を充実させている事業者を金銭的に優遇する制度をつくっています。2015年4月から、その制度が改定され、これまでよりもさらに手厚い支援が実現しました。

この改定を受けて、介護業界の大手企業は軒並み賃上げを決めています。
職員数の多い大手企業が給与をアップすることで、業界全体での給料アップにつながる可能性もあります。
働く方としては嬉しいニュースですね。

あなたの給与や待遇に直結する大切なお話です!

一体どういうことなのか、詳しくみていきましょう。

介護職員の「待遇改善」を進める事業者を、国が後押し!

介護保険制度では、事業者に支払う介護報酬の額を国が決めています。

「介護職員処遇改善加算」は、その報酬額を決めるにあたって、「介護職員の待遇を改善する事業者には金額を上乗せしてあげよう」というものです。
事業者の届けを受けて、国が定めている基準に従って本当に待遇を改善しているかを確かめます。
条件をクリアしていれば介護報酬が多く支払われます。
その上乗せ分を使って、介護職員の給料を増額してくださいということです。

では、事業者が介護報酬を上乗せしてもらうためにクリアすべき条件は、「キャリアパス要件」と「職場環境等要件(旧定量的要件)」のふたつ。

ひとつめの「キャリアパス要件」は、以下の2種類に分けられます。
(1)職員がキャリアアップすることで、よりよい条件のもと、よりやりがいのある仕事ができること
(2)職員がキャリアアップしていくために、事業者がバックアップ体制を設けること

続いての条件は「職場環境等要件」。
これはいくつかの処遇改善の取り組みのなかで、これまでに実施したものについて、全職員に知らせていることが条件になります。

たとえば、処遇改善の取り組みには、こんなものがあります。
●非正規職員から正規職員への転換
●腰痛対策などの負担軽減を目的にした介護ロボットやリフト等の導入
●子育てとの両立を目指す人のための育児休業制度などの充実
●事故・トラブル等への対応マニュアル等の作成   etc.
これらの「キャリアパス要件」と「職場環境等要件(旧定量的要件)」のいくつか、あるいはすべてを満たせば、その達成度合いに応じて、介護報酬が加算されます。

これが「介護職員処遇改善加算」です。



こんな時は転職サポートがオススメ

  • 休憩時間も取れないほど忙しかった
  • 転職の面接時の説明と労働条件が違っていた
  • 駅から遠く通勤が不便だった
  • 休みがもらえず子供の学校行事に参加できなくて可哀想だった

転職の理由が「契約社員として働きたい」「オープニングスタッフとして立ち上げから参加したい」「自宅近くの施設で働きたい」「昇給のある会社に転職したい」などの場合は特に、あなた一人で次の転職先を探すよりも、各施設の個別事情にも詳しい転職のプロの力を借りて、より希望に合った転職を実現させていくのがオススメです。

「賞与あり介護士・看護師求人情報」をご希望であれば、全国の介護施設全体の平均給与にも目を通しておきましょう。


あなたの希望の転職・就職を叶えます!

●介護職員として働きたい。

●介護付有料老人ホームで働きたい。

●未経験だけど介護の仕事がしたい。

●希望休が出せる介護施設に勤めたい。

●介護事務の仕事を探している。

●訪問入浴の仕事がしたい。

●社会保険のある介護施設で仕事がしたい。

●育児休暇ある施設で働きたい。

●有給休暇が有る施設に勤めたい。

●ヘルパーとして仕事がしたい。

という希望なら

☆介護職員基礎研修取得者の求人多数。

☆ヘルパー1級取得者の求人多数。

☆各種手当充実で希望休ありでライフスタイルを優先できます。

☆看護師取得者の求人多数。☆介護福祉士取得者の求人多数。

コチラがおすすめです!



移動介護従事者の仕事内容

移動介護従事者(ガイドヘルパー) とは

【仕事の内容】
視覚障がい者、車椅子利用者、知的障がい者などの外出に同行し、支援を行うお仕事

①対象者の安全に留意しながら、外出先での行動を支援する
②障がい者の自立と社会参加の促進を支援する
③社会活動などへの参加に同行し、行動を支援する など

【勤務場所】
市区町村による指定事業所

【必要な資格】
移動介護従事者(市区町村認定資格)
※1 全身性障がい者、視覚障がい者の外出同行は、ホームヘルパー資格では対応不可のため、プラスαの資格として取得する方が多いです。
※2 ガイドヘルパーのニーズは増えているが、役所の福祉課などからの紹介が多く、求人情報としては本資格単体ではほとんど案件がありません。




パート勤務するメリット

  • ご主人や子供と向き合う時間を持てる!

    お母さんは家庭の太陽でなければなりません。ご主人も子供も、外では気を使い、責任感を果たしてくたくたになって帰ってきます。家庭が充電場所になっていることが大事です。

  • 子供の成長に合わせて、労働時間を変えられる!

    子供が大きくなると、お仕事できる時間が変わってきます。土日も部活や塾に行き始めると、その間お仕事できるかもしれませんね。
    もっと大きくなると、お母さんがお仕事に行っててもちゃんとお留守番ができるようになります。そうなると、パート勤務ではなくて正社員としてお仕事できるようになるかもしれません。
    その時は、パート勤務で培った経験や知識を活かしてキャリアアップが図れます。
    今はそのための準備期間でもあります。

    ただ、ご自分の生活スタイル、働ける時間、お給料、福利厚生、キャリアアップ、などを多角的・総合的に見る目を持っているのは、転職のプロです。
    自分1人で、多角的・総合的に検討するのは困難です。
    プロの力を借りて、スピーディにパート勤務をスタートさせるのがおすすめです。



    介護施設の種類と特徴

    介護施設の種類と特徴

    デイサービス
    自宅で生活をしながら、介護を受けている人に対し、 日中の一時的なケアを提供する場所。介護スタッフによる送迎サービスのある施設がほとんど。

    【特徴】夜勤がない。日曜日が休みの施設が多い。レクレーション中心、機能訓練中心など、施設により特徴がある。

    特別養護老人ホーム
    身体や精神に障がいがあるなどし、家庭での介護が難しい人(65歳以上の要介護者)を長期的視野で介護提供する場所。

    【特徴】医師、看護師が常勤しているため、医療的な不安がない。介護度の高い方が多いため、技術が高まる長期的なケア提供が可能。

    グループホーム
    認知症対応型共同生活介護事業所。要介護度1以上で、認知症状があるものの、自分の身の回りのことは自分で出来るという高齢者が地域社会の中で共同生活を行う場所。
    スタッフは、積極的な介護提供を行うというよりは苦手なことや出来ないことを助ける黒子的役割。

    【特徴】少人数制(1ユニット9人以下)のため、変化に気付きやすい。施設でありながら、家庭的な雰囲気である。提供する介護ではなく、共に行う介護を学べる(家事支援も必須)。

    有料老人ホーム
    主に60歳以上の自立高齢者が生活をする住居。 民間企業が最も多く参入しており、中にはホテル並みの接遇でサービスを行うホームもある。入居条件や部屋タイプなどは、施設により大きく異なる。

    【特徴】同僚のケアを学べる。昇給昇格、キャリアプランなどが分かりやすく体系化されている場合が多く、将来的なビジョンを描きやすい。

    ショートステイ
    短期入所生活介護。自宅で生活をしながら、介護を受けている人に対し、 一時的な宿泊サービス提供する場所。

    【特徴】様々な状態の利用者に接することが出来る。介護の高い方は、比較的少ない。

    サービス付き高齢者向け住宅
    一般賃貸住宅の内、主に60歳以上の自立高齢者の入居を主とする住宅。一般住宅のため、入居条件等は物件により異なる。極めて一般的な個宅式のものから、キッチンやリビング、浴室を共有部にも設けたものなどさまざま。

    【特徴】訪問宅が同一建物内のため、移動にデメリットがない。在宅でも、同僚が近くにいるから安心。

    老人保健施設
    入院の必要がなくなった、マヒやけがの症状が安定した高齢者(65歳以上の要介護者)が自宅復帰する前に、短~中期的にケアする場所。
    ※3カ月、6カ月の単位で入所する施設。自宅に戻ることが前提。

    【特徴】機能回復を目指した介護を行うため、快復(もしくは維持)への変化が実感できる。多くの職種のスタッフがいるため、ケアへの多様なアプローチが学べる。

    小規模多機能施設
    自宅で生活をしながら、介護を受けている人に対し、日中の一時的なケアを提供する場所。介護スタッフによる送迎サービスのある施設がほとんど。

    【特徴】在宅サービスでありながら24時間の状態把握が可能。訪問看護、訪問リハなどとの組み合わせが可能となり、ケアの知識の幅が広がる。

    訪問介護
    自宅で生活をしながら、介護を受けている人のご自宅に訪問し、その家庭のやり方にそった介護提供を行うサービス。
    ※サービス提供は、原則ヘルパー1名で行う。

    【特徴】一対一で介護が出来る。自宅近くで土地勘を活かしながら働ける。のびのび働ける。時間単位で動ける。

    訪問入浴
    ご家庭の浴槽で入浴することが困難な方のご自宅に、専用の浴槽を積んだ入浴車で訪問して入浴を行うサービス。高齢者に限らず、重度障がい者へのサービス提供もある。

    ケアハウス
    助成制度が利用できるため、低所得者の比較的費用負担が少なく、60歳以上の高齢者が、食事や洗濯などの生活介護を受けられる施設。




    宮城県介護人材確保協議会について

    介護の背景と課題

    宮城県の介護人材確保について(宮城県介護人材確保協議会)
    宮城県では,団塊の世代が全員後期高齢者となり介護需要が増大する2025年を見据えて,介護人材確保に向けた取組を実施しています。

    1.協議会の概要

    ○設置日:平成26年6月3日設置
    ○構成員名簿
    ・(公財)介護労働安定センター宮城支部
    ・仙台市老人福祉施設協議会
    ・東北福祉大学
    ・(一社)宮城県介護福祉士会
    ・宮城県介護福祉士養成施設協会
    ・(公社)宮城県看護協会
    ・宮城県市長会
    ・(社福)宮城県社会福祉協議会
    ・(一社)宮城県社会福祉士会
    ・宮城県生活協同組合連合会
    ・宮城県町村会
    ・宮城県認知症グループホーム協議会
    ・宮城県老人福祉施設協議会
    ・宮城県老人保健施設連絡協議会
    ・みやぎ小規模多機能型居宅介護連絡会
    ・宮城労働局
    ・宮城県教育委員会
    ・宮城県

    2.協議会での取組事業について

    〇部会について
    介護人材確保に向けた方策を検討するため,テーマ毎に3つの部会を設置しています。
    (1)情報提供・啓発部会
    〇介護の魅力向上の取り組み(リーフレット・映像ツール作成等)
    「介護の魅力発信のためのPRツール」
    〇イベントの検討・実施
    「介護の魅力フェスタinみやぎ」

    (2)人材確保・定着部会
    〇県内各地での研修実施(新人職員育成支援・中堅職員キャリア育成・施設管理者対象)
    平成28年度研修事業の御案内
    ・エルダー制度導入支援研修
    ・雇用管理改善事業(法人経営者,介護事業所管理者向け)
    ・キャリアアップ研修(介護事業所職員向け)
    ・小規模事業所サポート・出前研修(小規模事業所向け)
    介護新任職員交流会の御案内
    〇介護職員合同入職式の開催(再掲)
    「介護職員合同入職式」

    (3)職場環境改善部会
    〇介護事業所の人材確保・定着の取組に対する,認証評価制度の検討・実施 など
    「みやぎ介護人材を育む取組宣言認証制度」



    ■「宣言」「認証」のために介護サービス情報公表システムのHPで確認する項目

    <共通項目(従来からの6項目)>
    1.従業者の健康診断の実施状況
    2.事業所で実施している,従業者の資質向上に向けた研修内容・実施状況
    3.新任職員向け研修計画の策定(対象者有の場合)
    4. 〃   研修の実施記録がある(対象者有の場合)
    5.全ての現任の従業者向け研修計画の策定
    6. 〃    研修の実施記録がある

    <宮城県の独自項目(新設7項目)>
    1.理念・ビジョンの明文化
    2.職員が理念・ビジョンについて理解を深めるための取り組み(ミーティングなどでの確認状況)
    3.職員の就業状況や意向を定期的に確認する仕組みの存在
    4.給与体系又は給与表を導入し,職員に周知
    5.就業規則の作成及び周知(正規・非正規)
    6.仕事と育児・介護の両立を支援する取組
    7.新任職員向け研修計画の策定【再掲】



    就職・転職コラム

    面接選考のとき、当然転職の理由を詳しく聞かれます。「どういうわけで辞めたのか?」に関しましては、企業の担当者も一番気に掛かるポイントです。それもあって、転職した理由についてはまとめておく必要があるでしょう。
    転職というような、例えるとすれば何度も ジョーカーを切ってきた経歴の人は、つい離転職した回数も膨らみます。そんな理由から、1個の会社の勤務期間が短期であることがよくあるということです。
    企業説明会から加わって、筆記による試験、就職面接と段階を踏んでいきますが、他のルートとして希望する企業でのインターンシップや卒業生を頼んで訪問したり、リクルーターとの面接などの働きかけもあります。
    ようするに退職金であっても、本人の申し出による退職だとしたら会社の退職金規程にもよるのだが、無論のことそれほど多くの金額は受け取れないので、差し当たって再就職先が決まってから退職する方がいい。
    現在の会社よりも収入や職務上の対応がより優れている会社が見つけられた場合、自分自身が転職を志望しているのであれば、ためらわずに決断することも重視すべき点です。

    「就職氷河期」と一番初めに呼ばれた際の年代の若者は、世間で報じられている事や一般のムードに押し流されるままに「就職が可能なだけ助かる」なんて、働き口を慌てて決めてしまった。
    企業選択の視点は2つで、あるものはその企業のどんな点に心惹かれたのか、2つには、自分がどういった仕事をして、どんなやる気を持ちたいと感じたのかです。
    厚生労働省によると就職内定率がこれまでの数字を超えて過去最悪ということのようですが、でも採用内定を掴み取っている人がいるのだ。採用してもらえる人と採用されない人の大きな差はいったいなんだろうか。
    「自分の今持っている力を貴社なら有効に利用できる(会社に尽くせる)」、それによってその業務を入りたいのだというようなことも、ある意味重要な要素です。
    色々複雑な要因をもって、違う職場への転職を心の中で望んでいる人が多くなっています。けれども、転職すると決めたはいいけれど、転職してからの人生に今までとは大きな差が出る場合もあるのが現実だと把握しておくべきです。

    ようやく就職できたのに就職した企業を「入ってみると全然違った」であったり、「辞めたい!」なんていうことまで考える人なんか、ありふれているのです。
    仕事であることを話す場合に、あいまいに「どういう風に感じたか」ということにとどまらず、重ねて具体的な話を加えて申し述べるようにしてみたらいいと思います。
    現実に私自身をキャリア・アップさせたい。今以上に前進できる就業場所を見つけたい、といった願いをよく聞きます。このままでは向上できないと感じたときに転職を考える方がたくさんいます。
    現実的には、人材紹介会社とか職業紹介会社というのは、狙いとして就職している転職希望の人が使う企業やサービスなのである。だから就職して実務の経験がどんなに少なくても数年はないと対象としては見てくれません。
    就職面接試験の場で緊張せずに試験を受けるというためには、よっぽどの経験が求められます。それでも、面接試験の場数をそんなに踏んでいないときにはほとんどの人は緊張してしまうものである。