室蓬デイサービスセンター求人事務【正社員介護士・看護師求人情報】

☆介護職員基礎研修取得者の求人多数。

☆無資格でも大丈夫の求人があります。

☆精神保健福祉士取得者の求人多数。

☆医療事務の求人多数。

☆介護職員初任者研修取得者の求人多数


室蓬デイサービスセンターでは介護職員が足りません!
雇用環境も国家戦略の元改善傾向にあります。
就職後、キャリアアップのバックアップ制度もあります。
まず、あなたの希望をお話下さい!

今すぐ求人を確認しよう!
カイゴジョブ申込み



室蓬デイサービスセンターの概要

郵便番号 〒029-0523
住所 岩手県一関市大東町摺沢字菅生前61-32
電話番号 0191-75-2611
施設形態 デイサービス
地図
※ご注意下さい。 ※記載している介護施設とリンク先とは一切関係ありません。

室蓬デイサービスセンターの求人が募集されているかはコチラに登録して確認して下さい。


カイゴジョブ申込み



正社員介護士・看護師求人情報

☆介護職員基礎研修取得者の求人多数。

☆無資格でも大丈夫の求人があります。

☆精神保健福祉士取得者の求人多数。

☆医療事務の求人多数。

☆介護職員初任者研修取得者の求人多数


介護施設では今人手が足りません!
雇用環境も国家戦略の元改善傾向にあります。
就職後、キャリアアップのバックアップ制度もあります。
まず、あなたの希望をお聞かせ下さい!

今すぐ求人を確認しよう!
カイゴジョブ申込み



お探しの職種や雇用契約は?

ヘルパー・家事代行スタッフ・管理栄養士・医療事務・介護事務・送迎ドライバー・看護師・機能訓練指導員・管理職・サービス提供者・生活相談員・ケアマネージャー
の職種を希望で

正社員・契約社員・パート・アルバイト・派遣
の雇用をお探しならコチラがおすすめです!



転職するときの心得

転職とは、あなたの何かしらの要望をかなえるための行為です。
その要望は「仕事内容」「やりがい」「待遇」「地位」「勤務時間」「研修・教育 体制」「福利厚生」など人それぞれです。
大切なことは、転職活動を始めるにあたり自分の要望は何なのか、その要望は現在の職場では満たされないものなのか、ということを最初に整理して考えることです。

整理が出来たら、その要望を満たすのはどこかという観点で活動を行っていきましょう。
転職活動をしていく過程で、早く転職したいと思うあまりに転職をすることが目的になり、本来の自分の要望を見失ってしまうということがよくあります。

転職はあなたの今後の働く環境を大きく変えることになります。活動をする上で自分の要望の優先順位をキッチリつけて客観的に整理することが、本当の意味での転職成功のポイントとなります。



こんな時は転職サポートがオススメ

  • 上司が意地悪な人で信用出来ない
  • パワハラが多く理不尽な職場だった
  • 資格を持っているのに活かせる仕事がなかった
  • 職場の雰囲気が悪かった

転職の理由が「手当のしっかりした会社に転職したい」「土日休みの施設で働きたい」「親の介護があるので日勤のみが希望」「契約社員として働きたい」などの場合は特に、あなた一人で次の転職先を探すよりも、各施設の個別事情にも詳しい転職のプロの力を借りて、より希望に合った転職を実現させていくのがオススメです。

「正社員介護士・看護師求人情報」をご希望であれば、全国の介護施設全体の平均給与にも目を通しておきましょう。


あなたの希望の転職・就職を叶えます!

●月20日程度の勤務の仕事がしたい。

●土・日・祝日の合計日数をシフトで取得したい。

●中高年でも出来る介護の仕事がしたい。

●特別養護老人ホームに就職したい。

●機能訓練指導員のライセンスを活かしたい。

●皆勤手当てがある職場を探している。

●未経験者歓迎の施設を探している。

●制服貸与の施設を探している。

●老人保健施設に就職したい。

●年末年始手当てが出る介護施設で仕事がしたい。

という希望なら

☆介護職員基礎研修取得者の求人多数。

☆無資格でも大丈夫の求人があります。

☆精神保健福祉士取得者の求人多数。

☆医療事務の求人多数。

☆介護職員初任者研修取得者の求人多数

コチラがおすすめです!



ホームヘルパーの仕事と求人

最近、ホームヘルパー求人が多く出されているのを目にすることも多いと思います。

ホームヘルパーとは、介護施設で行う介護ではなく、介護を必要としている方のご自宅に、指定された日時に出掛けて、指示された家事、もしくは介護業務を行います。

ヘルパーステーション、居宅介護サービスの事務所といったところに所属して働きます。

家事業務とは、出掛けるのが難しい利用者の代わりにスーパーマーケットに買い物に行ったり、片付けや掃除をしたり、食事を用意したり、といったことです。

介護業務は、シーツを交換したり、お風呂などの介助や、食事をする手助けを行います。

1時間ほどを1つの単位として介護を行います。

介護施設などに出掛ける手助けを行うこともあります。

お住まいの近くの介護施設でも、あなたを必要としている方が待ってます。

是非この機会に就職・転職を考えてみて下さい。




介護士・登録へルパーの求人情報は、ハロワだけにあるのではない!?

ハロワにはない好待遇の求人ってどこにあるの?

  • 【転職支援サイト】
    介護の転職や就職を応援する会社が運営する転職支援サイトには、ハロワにはない情報があり、かつ専門のエージェントがサポートしてくれるので、早くお仕事を始めたい方におすすめです。

  • 【介護の求人検索サイト】
    求人サイトには、ハローワークにはない介護士や登録ヘルパーの求人情報が多く掲載されています。
    一人で求人情報を見て、転職・就職したい方におすすめです。

  • 2つ同時に登録、利用可能です。
    今すぐに転職をしたい訳ではない方も、ご心配なく。
    求人情報だけ見たいので登録したい・・という方も安心して登録してください。
    情報は広くたくさん集めましょう。

人気の【介護の求人検索サイト】

  • 介護士の3人に1人、約50万人の会員が利用する国内最大級の介護求人検索サイトはご存じですか。

    登録ヘルパーや常勤ヘルパーの求人、パートの介護士の求人や正社員の介護士の求人が豊富にあります。
    お近くの介護施設でどんな求人があるのか、待遇やお給料がいくらかをしっかり検討してから、働き方を決めたほうが後悔がありません。

    【求人の探し方】
    ①希望の雇用形態 (正社員、パート)
    ②持っている介護関連の資格 
    ③住んでいる地域(希望勤務地)
    を入力して、情報のやり取りに必要となるメールアドレス、パスワード(ご自分の好きなワードで大丈夫です)を入力するだけ!!

    ハロワには無い、サイト限定求人3万件を見ることができます。

  • 人気の【転職支援サイト】

  • 働き方について介護職専門のエージェントい相談して、後悔のないお仕事探しをしたいかたはこちらがお勧めです。

    ・スタッフ・施設長の雰囲気
    ・現場でしか知りえない情報

    などの細かいことを知っている転職のプロ”があなたに合った介護施設を探してくれます。

    登録ヘルパーとして働く方がいいのか、常勤のヘルパーとして働く方がいいのか、あるいはパート介護士として働いた方がいいのか、正社員として働いた方がいいのか・・迷っている方はご相談してください。

    あなたが思っているよりも、もっといい条件や高待遇での働き方ができるかも知れません。

    【ハロワの求人票からは分からない情報の入手の仕方】
    ①登録フォームより、無料会員登録
     → 電話かメールにて介護専任エージェントから連絡がくるので、詳細な希望条件等を相談
    ②希望条件を元に求人案件の紹介
     → 気に入れば応募、気に入らなければ再リサーチをしてもらう。
    ③気に入った介護施設への応募・面接のセッティング
     → 面接準備・対策をコンサルタントと一緒にすすめる
    ④コンサルタントと一緒に面接 
     → 内定・お仕事スタート

    面接が不安な方も大丈夫。
    面接が決まったら、「転職成功の秘訣」レポートが皆さんに贈呈されます。
    また、専任エージェントとの面談では、面接対策について相談もできます。




  • 転職支援サイトでの就職・転職成功者の声

    ケアマネージャー 千葉県 (50代前半 女性)

    初めての転職活動で少し不安でした。登録させていただいた一番の理由は、面接に同行していただける点でした。事前に、面接でどのようなことを重視して話をしたらよいかのアドバイスもあり、もちろん会社の情報も前もってインプットしていただき、安心して面接に臨むことができました。ありがとうございました。

    【担当エージェントについて】
    担当のエージェントさんには本当にお世話になりました。
    一番はじめのお電話で私の気持ちをくみ取ってくださり、
    なおかつ自分自身でもよくわかっていない私の適性を判断され、私に合う環境のところをご紹介して下さいました。

    面接で緊張してうまく話せない私に代わって、聞きたいことをお話しして下さって、本当に感謝でした。
    いつも絶妙なタイミングでお電話をくださり、私の気持ちを聞いてくださいました。
    何もかも安心しておまかせすることができたのは、担当者さんのお人柄とふところの大きさのおかげさまだと思います。

    就職してからも少しでも不安なことがあれば、相談できる人がいらっしゃるということは本当に心強く安心です。
    どうかこれからもよろしくお願いいたします。
    本当にありがとうございました。

    ヘルパー 栃木県 (20代 女性)

    他社を使った事がないので比較はできませんがサービス面では特に不満等はありませんでした。

    【担当エージェントについて】
    私からのしつこい質問攻撃にも毎回丁寧に答えて下さってとても感謝しています。
    紹介頂いた職場もきちんと私の希望が反映されてて実際に働きに行くのが楽しみでもあります。
    希望の地域が地域なので求人を探すのも大変だったと思います。

    働きながらの転職活動は思ったよりも大変でしたがサポートがあったからこそ、いくつものやまを越えることができました。
    本当にありがとうございました。
    もうしばらく私からのメール攻撃にお付き合い頂くことになるでしょうがよろしくお願いしますね(笑)

    ケアワーカー 東京都 (50代 男性)

    今回、初めて人材紹介サービスを利用しました。
    あまり期待しないで、インターネットから登録したのですが素早い連絡と希望に沿った案件の紹介に驚きました。
    自分では短時間で幅広く探せませんし、希望の年収などもこちらからはなかなか言い出せないものなので助かりました。

    【担当エージェントについて】
    介護業界という事もあるのでしょうが、一度もお会いしないでいきなり面接同行という方法はかなりびっくりしました。
    大変なお仕事ですね。
    担当者さんは落ち着いていて、感じの良い方だったので安心しました。




    岩手県における福祉・介護人材の確保育成について

    介護の背景と課題

    福祉を取り巻く社会情勢の変化
    少子・高齢社会の進展等により、岩手県民の福祉サービスに対する需要の増大・多様化が見込まれ、福祉人材の確保と福祉・介護サービス従事者の資質向上が求められている。
    また、行政においては、多様なニーズを背景とする社会福祉制度の改正への対応や、複雑化・高度化する相談援助業務への対応が求められている。

    岩手県における福祉・介護人材の確保育成に関する現状・課題
    1.社会福祉施設等においては、施設サービスや在宅サービスの拡大によるサービス量が増加傾向にあるのに対し、充実したサービスを提供するための新規の人材確保が困難な状況になっている。
    また、従事者の定着や離職防止を図るための職場環境の改善等が求められている。
    2.人材の定着及び資質向上を図るため、職員一人ひとりがキャリアアップを通じた自己実現が可能となる「やりがいのある職場づくり」に取り組む必要がある。
    3.岩手県は、研修等訓練を通じて、福祉行政に携わる職員の資質向上を図ることが社会福祉法に義務付けられており、多様化・複雑化する福祉ニーズに対応できるよう、より充実した研修を行う必要がある。



    国を挙げてバックアップ

    高齢化が進む日本は介護施設・介護職員の重要性が日に日に増しています。
    今迄のような介護職は「キツイ」「汚い」などのイメージを払拭する為に、国や各県市町村も改善の取り組みを加速化しています。
    介護のライセンスをお持ちの方以外にもキャリアアップ制度を授けるなどして介護の充実を促進しています。
    介護職・介護施設には多種多様なサービスがあります。
    是非、あなたのライフスタイルに合わせて就職を考えてみたらいかがでしょうか。
    介護職は今後も安定した職業である事、行政が先導して充実を促進する分野です。



    就職・転職コラム

    つまるところ就職活動のときに、知りたいと思っている情報は、職場のイメージあるいは自分の興味に合うかなど、採用されたらやる仕事の内容じゃなくて、応募する企業そのものを把握しようとするものということだ。
    世間でいう会社説明会とは、企業の側が主催する就職説明会のことで、セミナーとも呼称されます。希望する生徒達や求職者を呼び集めて、企業の概観や募集の趣旨などを案内するというのが標準的なものです。
    外国籍企業の勤め先で要望されるビジネスマナーや仕事上のスキルは、日本の会社員の場合に望まれる行動やビジネス履歴の枠を大変に超えていることが多いのです。
    勤めてみたいのはどんな企業かと言われたら、どうも答えに詰まってしまうが、今の勤務先に対して感じている不満については、「自分に対する評価が正当ではない」と感じている人がずらっと存在しています。
    この場合人事担当者は、採用を希望している人の実際の力を選考などで読み取って、「企業に有用で、仕事をこなしてくれそうな人か?」を真剣により分けようとすると考える。

    会社を選ぶ視点というものは主に2つあり、一番目はその会社のどこに心をひかれたのか、もう片方は、自分はどのような仕事をして、どのような生きがいを享受したいと感じたのかという点です。
    長い間就職活動を休憩することについては、デメリットがあるのです。今現在は募集をしているところも募集そのものが終わってしまうケースもあると言えるということです。
    差しあたって外資系会社で働いたことのある人の大部分は、そのまま外資の職歴を続投するパターンが一般的です。結論からいうと外資から日本企業に勤務する人は、希少だということです。
    現在の業種を変更するという覚悟はないのだけれど、うまく今よりも月収を増加させたい状況なら、何か資格取得だって有効な手段と考えられます。
    「自分の持っている能力をこの事業でなら活用できる(会社に尽力できる)」、そういう訳で先方の企業を目指しているというようなことも、ある種の大事な動機です。

    仮に成長企業であったとしても、どんなことがあっても未来も保証されている、まさか、そんなわけはない。だから就職の際にそのポイントも時間をかけて確認を行うべきである。
    売り言葉に買い言葉を発して、「こんなところ二度と来るか!」こんな言葉を吐いて、非理性的に離職してしまうようなケースもあるが、こんなに不景気のときに、我慢できずに退職することは無謀としか言えません。
    就職が、「超氷河期」と一番最初に呼ばれた際の年代の若者は、マスコミや世間の動向に引きずられるままに「就職口があるだけチャンスだ」などと、就業先をすぐに決定してしまった。
    いくつも就職選考に挑戦していると、惜しくも不採用とされてしまうケースが続くと、最初のころのモチベーションが日を追って下がることは、順調な人にでも起きるのが普通です。
    大抵最終面接の時に口頭試問されるのは、過去の面接の際に既に聞かれたようなこととだぶってしまいますが、「志望した理由」がずば抜けて多く聞かれる内容とのことです。