社会福祉法人一関市社会福祉協議会/ヘルパーセンター室根病院介護求人【未経験介護士・看護師求人情報】

☆ヘルパー2級取得者の求人多数。

☆介護職員初任者研修取得者の求人多数

☆あなたの希望する求人多数あります。

☆非公開求人多数掲載。

☆介護職員基礎研修取得者の求人多数。


社会福祉法人一関市社会福祉協議会/ヘルパーセンター室根では介護職員が足りません!
雇用環境も国家戦略の元改善傾向にあります。
就職後、キャリアアップのバックアップ制度もあります。
まず、あなたの希望をお話下さい!

今すぐ求人を確認しよう!
カイゴジョブ申込み



社会福祉法人一関市社会福祉協議会/ヘルパーセンター室根の概要

郵便番号 〒029-1201
住所 岩手県一関市室根町折壁字八幡沖116
電話番号
施設形態 ヘルパー
地図
※ご注意下さい。 ※記載している介護施設とリンク先とは一切関係ありません。

社会福祉法人一関市社会福祉協議会/ヘルパーセンター室根の求人が募集されているかはコチラに登録して確認して下さい。


カイゴジョブ申込み



未経験介護士・看護師求人情報

☆ヘルパー2級取得者の求人多数。

☆介護職員初任者研修取得者の求人多数

☆あなたの希望する求人多数あります。

☆非公開求人多数掲載。

☆介護職員基礎研修取得者の求人多数。


介護施設では今人手が足りません!
雇用環境も国家戦略の元改善傾向にあります。
就職後、キャリアアップのバックアップ制度もあります。
まず、あなたの希望をお聞かせ下さい!

今すぐ求人を確認しよう!
カイゴジョブ申込み



お探しの職種や雇用契約は?

機能訓練指導員・管理職・サービス提供者・生活相談員・ケアマネージャー・ヘルパー・家事代行スタッフ・管理栄養士・医療事務・介護事務・送迎ドライバー・看護師
の職種を希望で

正社員・契約社員・パート・アルバイト・派遣
の雇用をお探しならコチラがおすすめです!



介護職の転職・採用状況

高齢化が進み、ますます介護士が必要とされています

介護士・ケアマネージャー・ホームヘルパーなど介護の仕事は、高齢者がいるすべての場所で必要になります。

今後、超高齢化が進む中で、介護業界の人材は、地域を問わずニーズのある、将来的にも安定した仕事といえます。

また年齢不問の求人も多いため50歳以上でも働くチャンスがあり、他業種からの転職も年々増えています。

人とふれあい、人を支え、自分自身も人間として成長できるやりがいのある仕事です。

日本のみならず多くの先進国で介護の仕事は需要が高く、介護職に対する求人のニーズはますます増しています。

介護士の売り手市場といわれる今、あなたの理想の高待遇で求人募集をしている介護関連企業がたくさんあります。

今すぐ求人情報を確認してみて下さい!



こんな時は転職サポートがオススメ

  • 自分ばかり仕事を押し付けられていた
  • スキルアップできる職場ではなかった
  • 意地悪な先輩にいやがらせされていた
  • 転職の面接時の説明と労働条件が違っていた

転職の理由が「車通勤OKの職場で働きたい」「駅近で通勤しやすいところがいい」「夜勤専従で働きたい」「資格を活かせる職場で働きたい」などの場合は特に、あなた一人で次の転職先を探すよりも、各施設の個別事情にも詳しい転職のプロの力を借りて、より希望に合った転職を実現させていくのがオススメです。

「未経験介護士・看護師求人情報」をご希望であれば、全国の介護施設全体の平均給与にも目を通しておきましょう。


あなたの希望の転職・就職を叶えます!

●病院・診療所で介護がしたい。

●希望休が出せる介護施設に勤めたい。

●介護スタッフの仕事がしたい。

●医療事務の仕事に付きたい。

●夏期休暇が有る施設に勤めたい。

●包括支援センターに就職したい。

●介護施設で管理職の仕事を探している。

●労災保険のある介護施設で仕事がしたい。

●食事補助が有る施設に勤めたい。

●有料老人ホームの求人を探している。

という希望なら

☆ヘルパー2級取得者の求人多数。

☆介護職員初任者研修取得者の求人多数

☆あなたの希望する求人多数あります。

☆非公開求人多数掲載。

☆介護職員基礎研修取得者の求人多数。

コチラがおすすめです!



ホームヘルパーの需要と求人

介護を必要としている人が急増している今日の日本では、ホームヘルパーの求人が沢山あります。

常に需要のある職業です。

ホームヘルパーと言うのは、正式名称を訪問介護員と言います。

都道府県知事の指定する、訪問介護員養成研修の課程を修了した者を通称ホームヘルパーや、ヘルパーと言います。

ホームヘルパーは、日常の生活の中で介護を必要としている家庭に訪問して、介護等のサービスを行います。

ホームヘルパーには1級と2級があります。ホームヘルパー2級資格取得者は、身体介護や家事援助などが行えます。

ホームヘルパー1級資格取得者は、訪問介護事業所において利用者とホームヘルパーとのコーディネートを行う、サービス提供責任者となることができます。

いずれのホームヘルパー求人も常に行われています。

求人は、都道府県の公営の施設から、民間の有料の施設まであります。

就職して仕事をしながらスキルアップが目指せる仕事です。

また、自分の都合を考えながらパートとして働くこともできます。




介護職に派遣で働いています!

介護職派遣求人を探している方の多くが、育児・子育てや親の介護などを理由にフルタイムで働けない状況にあります。
中には、ご自分の資格取得やキャリアアップのための時間を捻出するために、一定期間は働く時間をセーブしたいというケースもあります。
それでも「働きたい」「稼ぎたい」という気持ちが強いからこそ、「派遣」という形で働くことを選択されています。

介護の現場で「派遣」として働いている先輩たちの生の声・体験談をご紹介します。

介護職の派遣で働いています!◆子供中心の生活を守りながら、進学費用にも備えたかったんです
中学生の息子が二人います。今後、二人が進学していくことを考えるとお金は貯めたい。でも、部活に受験にと、毎日、子供たちのことに追われる日々で、社員として働くのは無理・・・。
そこで介護専門の転職サービスに相談したのですが、出産前に働いていたキャリアを認めてくれて、いくつかの施設を好条件で紹介してくれました。
今、お仕事しているのはデイサービスなので、夜勤もなく、シフト制で土日にも休みが取れます。
こんなに融通が聞くのに、給与がしっかり常勤並みにもらえるので、お金の不安が解消されて、本当によかったです。
子供の塾の費用や受験にかかる費用も順調に貯金できるようになり、「派遣」を選択して本当によかったです。

◆介護との両立には、派遣の日勤がすごく便利でした!
最近、父の介護が必要になりました。姉も協力してくれますが、姉はお店をやっているのと、3人の子育てであまり関われません。私も収入が必要なので働かないわけにはいかず、介護専門の派遣を紹介してくれるところに登録してみました。
担当者さんがすごく親身になって私の話を聞いてくれて、派遣を決めるときにも心強かったです。
担当者さんとよく話し合い、週4日の日勤のみの有料老人ホームを紹介してもらいました。派遣契約でしっかり帰れるので安心です。元気な高齢者の方が多く、今は仕事が介護の気分転換になっています。

◆初めての業種だから自分に合う施設形態を探せてよかったです。
ずっと勤めていた会社を退職。これからは介護だと思い、ヘルパーの資格を習得しました。でも、いざ働くとなると、色々な施設形態があり、“自分には何が合うのか”がわかりませんでした。
派遣という働き方は、さまざまな職場にトライできるのがいいところ。個人での転職活動は情報収集したり条件交渉したりと何かと面倒だと思いますが、介護専門の転職サービスに紹介してもらうので、仕事探しがすごくスムーズにできました。
いろんなタイプの施設で経験を積み、今は特養に絞りました。同じ特養でも施設によって雰囲気がかなり違うのが面白くて、今は派遣で色んな職場で働いていきたいと思っています。




介護施設の種類と特徴

介護施設の種類と特徴

デイサービス
自宅で生活をしながら、介護を受けている人に対し、 日中の一時的なケアを提供する場所。介護スタッフによる送迎サービスのある施設がほとんど。

【特徴】夜勤がない。日曜日が休みの施設が多い。レクレーション中心、機能訓練中心など、施設により特徴がある。

特別養護老人ホーム
身体や精神に障がいがあるなどし、家庭での介護が難しい人(65歳以上の要介護者)を長期的視野で介護提供する場所。

【特徴】医師、看護師が常勤しているため、医療的な不安がない。介護度の高い方が多いため、技術が高まる長期的なケア提供が可能。

グループホーム
認知症対応型共同生活介護事業所。要介護度1以上で、認知症状があるものの、自分の身の回りのことは自分で出来るという高齢者が地域社会の中で共同生活を行う場所。
スタッフは、積極的な介護提供を行うというよりは苦手なことや出来ないことを助ける黒子的役割。

【特徴】少人数制(1ユニット9人以下)のため、変化に気付きやすい。施設でありながら、家庭的な雰囲気である。提供する介護ではなく、共に行う介護を学べる(家事支援も必須)。

有料老人ホーム
主に60歳以上の自立高齢者が生活をする住居。 民間企業が最も多く参入しており、中にはホテル並みの接遇でサービスを行うホームもある。入居条件や部屋タイプなどは、施設により大きく異なる。

【特徴】同僚のケアを学べる。昇給昇格、キャリアプランなどが分かりやすく体系化されている場合が多く、将来的なビジョンを描きやすい。

ショートステイ
短期入所生活介護。自宅で生活をしながら、介護を受けている人に対し、 一時的な宿泊サービス提供する場所。

【特徴】様々な状態の利用者に接することが出来る。介護の高い方は、比較的少ない。

サービス付き高齢者向け住宅
一般賃貸住宅の内、主に60歳以上の自立高齢者の入居を主とする住宅。一般住宅のため、入居条件等は物件により異なる。極めて一般的な個宅式のものから、キッチンやリビング、浴室を共有部にも設けたものなどさまざま。

【特徴】訪問宅が同一建物内のため、移動にデメリットがない。在宅でも、同僚が近くにいるから安心。

老人保健施設
入院の必要がなくなった、マヒやけがの症状が安定した高齢者(65歳以上の要介護者)が自宅復帰する前に、短~中期的にケアする場所。
※3カ月、6カ月の単位で入所する施設。自宅に戻ることが前提。

【特徴】機能回復を目指した介護を行うため、快復(もしくは維持)への変化が実感できる。多くの職種のスタッフがいるため、ケアへの多様なアプローチが学べる。

小規模多機能施設
自宅で生活をしながら、介護を受けている人に対し、日中の一時的なケアを提供する場所。介護スタッフによる送迎サービスのある施設がほとんど。

【特徴】在宅サービスでありながら24時間の状態把握が可能。訪問看護、訪問リハなどとの組み合わせが可能となり、ケアの知識の幅が広がる。

訪問介護
自宅で生活をしながら、介護を受けている人のご自宅に訪問し、その家庭のやり方にそった介護提供を行うサービス。
※サービス提供は、原則ヘルパー1名で行う。

【特徴】一対一で介護が出来る。自宅近くで土地勘を活かしながら働ける。のびのび働ける。時間単位で動ける。

訪問入浴
ご家庭の浴槽で入浴することが困難な方のご自宅に、専用の浴槽を積んだ入浴車で訪問して入浴を行うサービス。高齢者に限らず、重度障がい者へのサービス提供もある。

ケアハウス
助成制度が利用できるため、低所得者の比較的費用負担が少なく、60歳以上の高齢者が、食事や洗濯などの生活介護を受けられる施設。




介護の取組状況及び今後のスケジュール

平成25年度

研究の実施(委託先:岩手県立大学)
社会福祉分野に関する実態調査等を踏まえ、岩手県の福祉・介護人材の確保育成に係る方策のあり方を研究する。
主な取組事項
1.福祉・介護人材の確保育成に関する調査の実施
①事業所及び従事者向けアンケート調査
・対象施設:介護・障がい者福祉・児童福祉施設
・対象数:1,679 事業所、2,297 従事者
②若手職員に対するヒアリング調査
調査対象:福祉・介護施設 1~3 年勤務経験者10名
③市町村など関係団体に対するヒアリング調査等
2.従事者需要推計の実施
人口動向から施設種別ごとに従事者数を推計
3.研究報告書の作成
①人材確保育成に係るビジョンのとりまとめ
②調査結果等のとりまとめ
③具体的方策案のとりまとめ

平成26年度

「岩手県福祉・介護人材確保育成指針(仮称)」の検討
研究成果等を踏まえつつ、いわて福祉コンソーシアム※において指針内容を検討し、本県における福祉・介護人材の確保育成に係る指針を策定する。
※ コンソーシアム構成団体:県、岩手県立大学、岩手県社会福祉協議会、岩手県社会福祉事業団、いきいき岩手支援財団、岩手県社会福祉士会
【主な取組事項(案)】
福祉コミュニティを担う人材育成に関する調査の実施
① 福祉コミュニティづくりに関するヒアリング調査
② 市町町社協等へのアンケート調査
平成26年10月:指針中間案の作成
1.福祉・介護人材の確保・定着対策
①新卒者など新たな人材の就業促進
②潜在有資格者の再就職促進
③従事者の離職防止
2.福祉・介護人材の資質向上対策
①福祉人材のキャリアアップを支援する研修体系の構築
②キャリアアップを支援する研修の普及促進
③人材育成に取り組む事業所に対する支援

平成27年度以降

指針に基づく施策の展開
指針に基づき、県、市町村、岩手県立大学及び福祉関係団体等が連携しながら、人材確保・育成に取り組む。




国を挙げてバックアップ

高齢化が進む日本は介護施設・介護職員の重要性が日に日に増しています。
今迄のような介護職は「キツイ」「汚い」などのイメージを払拭する為に、国や各県市町村も改善の取り組みを加速化しています。
介護のライセンスをお持ちの方以外にもキャリアアップ制度を授けるなどして介護の充実を促進しています。
介護職・介護施設には多種多様なサービスがあります。
是非、あなたのライフスタイルに合わせて就職を考えてみたらいかがでしょうか。
介護職は今後も安定した職業である事、行政が先導して充実を促進する分野です。



就職・転職コラム

先行きも、成長が見込まれる業界に職を得る為には、その業界がまさしく成長している業界なのかどうか、急展開に対応した経営が可能なのかを見通しておくことが必須条件でしょう。
企業の面接官があなた自身の言いたいことを掴めているのか否かを見つめながら、ちゃんと「トーク」が普通にできるくらいになれば、チャンスが広がってくるのではないかと感じます。
転職を想定する時、「今いるところよりもずっと年収が貰える企業があるに違いない」みたいなことを、絶対にどのような人であっても考えることがあると思います。
企業選択の視点というものは主に2つあり、方やその会社のどんな点に関心を持ったのか、二番目は、あなたがどんな仕事をして、どのような効果を勝ち取りたいと覚えたのかという点です。
「私が今まで積み上げてきた固有の技能や特質を踏まえて、この仕事を欲している」という風に自分と関連付けて、ようやく面接担当官に納得できる力をもってやる気が伝わるのです。

内々定と言われているものは、新規学卒者の採用選考での企業の作った倫理憲章に、正式な内定日は、10月1日以降ですと定めているので、とりあえず内々定というかたちをとっているのだ。
企業と言うものは、個人の事情よりも組織の成り行きを最優先とするため、ちょこちょこと、気に入らないサプライズ人事があるものです。もちろん当事者には不愉快でしょう。
いわゆる給料や労働条件などが、どれほど厚遇でも、日々働いている環境というものが悪化してしまったら、今度も別の会社に行きたくなるかもしれない。
辛い状況に陥っても肝心なのは、成功を信じる意思です。疑いなく内定が頂けると希望をもって、あなただけの人生をはつらつと歩いていきましょう。
電話応対さえも、面接のうちだと位置づけて取り組みましょう。当然のことながら、その際の電話応対とか電話内容のマナーが良い印象として受け取られれば、同時に評価が高くなるに違いない。

転職というような、一種の切り札を何回も出してきた人は、おのずと転職した回数も増加傾向にあります。そんな訳で、1社の勤務年数が非常に短いということが多くなるというわけですね。
仕事上のことで何か話す間、抽象的に「どういったような事を考えているか」だけでなく、加えて具体的な話を混ぜ合わせて伝えるようにしたらよいのではないでしょうか。
どうしてもこういう仕事がやりたいという確かなものもないし、どれもこれも良さそうと混乱して、挙句一体自分が何をしたいのか面接で、説明することができないのです。
第一希望からの内々定でないからということなんかで、内々定に関する意思確認で悩むことはありません。就職活動が全部終了してから、内々定をつかんだ応募先から決定すればいいわけです。
「入りたいと願っている企業に対して、自己という商品を、一体どれだけ堂々ときらめいてプレゼンテーションできるか」という能力を鍛えろ、といった意味だ。