ジャパンケア港/訪問介護センター介護医療求人【未経験介護士・看護師求人情報】

☆非公開求人多数掲載。

☆実務者研修取得者の求人多数

☆言語聴覚士取得者の求人多数。

☆作業療法士取得者の求人多数。

☆看護師取得者の求人多数。
ジャパンケア港/訪問介護センターでは介護職員が足りません!
雇用環境も国家戦略の元改善傾向にあります。
就職後、キャリアアップのバックアップ制度もあります。
まず、あなたの希望をお話下さい!

今すぐ求人を確認しよう!
カイゴジョブ申込み



ジャパンケア港/訪問介護センターの概要

郵便番号 〒106-0032
住所 東京都港区六本木3丁目6-14
電話番号 03-5575-5701
施設形態 訪問介護
地図
※ご注意下さい。 ※記載している介護施設とリンク先とは一切関係ありません。

ジャパンケア港/訪問介護センターの求人が募集されているかはコチラに登録して確認して下さい。


カイゴジョブ申込み



未経験介護士・看護師求人情報

☆非公開求人多数掲載。

☆実務者研修取得者の求人多数

☆言語聴覚士取得者の求人多数。

☆作業療法士取得者の求人多数。

☆看護師取得者の求人多数。
介護施設では今人手が足りません!
雇用環境も国家戦略の元改善傾向にあります。
就職後、キャリアアップのバックアップ制度もあります。
まず、あなたの希望をお聞かせ下さい!

今すぐ求人を確認しよう!
カイゴジョブ申込み



お探しの職種や雇用契約は?

介護事務・送迎ドライバー・看護師・機能訓練指導員・管理職・サービス提供者・生活相談員・ケアマネージャー・ヘルパー・家事代行スタッフ・管理栄養士・医療事務
の職種を希望で

正社員・契約社員・パート・アルバイト・派遣
の雇用をお探しならコチラがおすすめです!



たくさんの介護施設で転職求人の募集があります

人材不足・売り手市場の今だからこそ、希望の転職ができる可能性は高いです。

好条件・高待遇の介護施設での求人募集はやはり人気で、転職サービスの登録者はいち早く情報をキャッチし、適切なサポートを受けながら採用を勝ち取っています。

カンタンな登録で、非公開求人を含めた高待遇の求人情報をご案内中!



こんな時は転職サポートがオススメ

  • パワハラが多く理不尽な職場だった
  • 年収が低いのに耐えられなくなった
  • 家族に反対されるほど重労働だった
  • 経験を活かせる仕事がさせてもらえなかった

転職の理由が「経験を活かせる施設で働きたい」「高時給の施設で働きたい」「手当のしっかりした会社に転職したい」「親の介護があるので日勤のみが希望」などの場合は特に、あなた一人で次の転職先を探すよりも、各施設の個別事情にも詳しい転職のプロの力を借りて、より希望に合った転職を実現させていくのがオススメです。

「未経験介護士・看護師求人情報」をご希望であれば、全国の介護施設全体の平均給与にも目を通しておきましょう。


あなたの希望の転職・就職を叶えます!

●育児休暇ある施設で働きたい。

●介護付有料老人ホームで働きたい。

●ヘルパーとして仕事がしたい。

●近場でお仕事を探したい。

●皆勤手当てがある職場を探している。

●訪問リハビリに就職したい。

●運転免許を活かして送迎ドライバーの仕事がしたい。

●訪問入浴の仕事がしたい。

●厚生年金のある介護施設で仕事がしたい。

●食事補助が有る施設に勤めたい。

という希望なら

☆非公開求人多数掲載。

☆実務者研修取得者の求人多数

☆言語聴覚士取得者の求人多数。

☆作業療法士取得者の求人多数。

☆看護師取得者の求人多数。
コチラがおすすめです!



介護施設によるホームヘルパー求人について

全国的にホームヘルパー求人については、求人が多いものの、応募者がとても少ないという状況になっています。

各施設ごとに、ホームヘルパーの求人を行っているものの、実際に応募をされる人は募集よりも少ない、募集に満たないという場合が多く、売り手市場の状態です。

また、介護施設のホームヘルパーさんについても、年齢のために辞める人が増えている一方で、若い世代の人では「厳しい仕事である」という理由などから、早期に退職をする人もおり、働き手が少ない状態となっています。

肉体労働的な部分も多いため、また給与などがなかなかあがらないなどの現状から、このように就職で希望をする人があまりいない状態となってしまっています。

一方で、家事や育児を終えた人が、もう一度就職を決める際にホームヘルパー求人に応募するケースも多々あります。

現状では国の取り組みによって、労働環境・給与など条件が良くなって来ています。

キャリアアップも含め今後、期待できる職業と言えます。




介護職に派遣で働いています!

介護職派遣求人を探している方の多くが、育児・子育てや親の介護などを理由にフルタイムで働けない状況にあります。
中には、ご自分の資格取得やキャリアアップのための時間を捻出するために、一定期間は働く時間をセーブしたいというケースもあります。
それでも「働きたい」「稼ぎたい」という気持ちが強いからこそ、「派遣」という形で働くことを選択されています。

介護の現場で「派遣」として働いている先輩たちの生の声・体験談をご紹介します。

介護職の派遣で働いています!◆子供中心の生活を守りながら、進学費用にも備えたかったんです
中学生の息子が二人います。今後、二人が進学していくことを考えるとお金は貯めたい。でも、部活に受験にと、毎日、子供たちのことに追われる日々で、社員として働くのは無理・・・。
そこで介護専門の転職サービスに相談したのですが、出産前に働いていたキャリアを認めてくれて、いくつかの施設を好条件で紹介してくれました。
今、お仕事しているのはデイサービスなので、夜勤もなく、シフト制で土日にも休みが取れます。
こんなに融通が聞くのに、給与がしっかり常勤並みにもらえるので、お金の不安が解消されて、本当によかったです。
子供の塾の費用や受験にかかる費用も順調に貯金できるようになり、「派遣」を選択して本当によかったです。

◆介護との両立には、派遣の日勤がすごく便利でした!
最近、父の介護が必要になりました。姉も協力してくれますが、姉はお店をやっているのと、3人の子育てであまり関われません。私も収入が必要なので働かないわけにはいかず、介護専門の派遣を紹介してくれるところに登録してみました。
担当者さんがすごく親身になって私の話を聞いてくれて、派遣を決めるときにも心強かったです。
担当者さんとよく話し合い、週4日の日勤のみの有料老人ホームを紹介してもらいました。派遣契約でしっかり帰れるので安心です。元気な高齢者の方が多く、今は仕事が介護の気分転換になっています。

◆初めての業種だから自分に合う施設形態を探せてよかったです。
ずっと勤めていた会社を退職。これからは介護だと思い、ヘルパーの資格を習得しました。でも、いざ働くとなると、色々な施設形態があり、“自分には何が合うのか”がわかりませんでした。
派遣という働き方は、さまざまな職場にトライできるのがいいところ。個人での転職活動は情報収集したり条件交渉したりと何かと面倒だと思いますが、介護専門の転職サービスに紹介してもらうので、仕事探しがすごくスムーズにできました。
いろんなタイプの施設で経験を積み、今は特養に絞りました。同じ特養でも施設によって雰囲気がかなり違うのが面白くて、今は派遣で色んな職場で働いていきたいと思っています。




介護の仕事の特徴

まず訪問介護ですが、訪問介護ステーションに勤務して働くことになります。

介護が必要な利用者宅へ伺っての介護サービスですね。正社員は夜間勤務(オンコール呼び出し)が入ることもありますが、介護パートは日勤メインで働きやすいですよ。

訪問件数があらかじめ決まっているケースが多く、計画的に仕事がしやすいというメリットもありますね。

次に施設介護ですが、有料老人ホームや特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、サービス付き高齢者向け住宅、ケアハウス、グループホームなどがあります。

また有料老人ホームにも種類があり、住宅型もあれば健康型、介護型もありますね。

施設によって提供するサービスは異なりますが、共通しているのは入浴介助や食事介助です。中には排泄介助を行っている施設もあります。

健康型や生活型の有料老人ホームよりも、介護型有料老人ホーム、特別養護老人ホームの方が排泄介助は多いかもしれません。

他にも、認知症の高齢者が利用する施設なら、徘徊しないように注意する必要があるでしょう。

訪問型よりも夜間勤務が多いと言われる介護施設ですが、やはり介護パートは日勤のみで働きやすいと思います。(詳細は介護求人サイトで確認して下さい)

最後に通所介護ですが、デイサービスやデイケアになりますね。

特にデイサービスの求人募集が多いようですが、デイサービスは比較的元気な高齢者が多いですし、文字通りデイ(日中)のサービス施設になりますので、介護パートでも働きやすいです。

ミニゲームをしたり、歌を歌ったり、外出できる高齢者を連れて近所の喫茶店に行ったり、公園に行くこともあります。利用者ごとに日誌を書いて、家族へメッセージを記すこともあります。

ただしメインサービスとして入浴介助を提供しているデイサービス、デイケアも多いので、体力勝負の仕事と言えるかもしれません。

その他、各介護の詳細に関しては、介護人材紹介会社に確認して下さいね。人材紹介会社は無料で登録できますし、あなたに合った介護の仕事を紹介してもらえる可能性が高いのでおすすめです。




東京都高齢者保健福祉計画

東京都介護保険事業支援計画・老人福祉計画

ポイント
~平成37年(2025年)を目途に、東京の地域包括ケアシステムの構築を目指す~
・平成37年を見据えた中長期的な視点で、介護サービス基盤等の充実を図るとともに、必要な介護人材を確保
・平成27年4月の介護保険制度改正により区市町村の役割が大きくなることなどを踏まえ、区市町村における地域包括ケアシステムの構築を支援
・地域包括ケアシステムを、地域の将来の姿を踏まえた「まちづくり」の中に位置付けていくという視点を明確化

重点分野
1.介護サービス基盤の整備
~住み慣れた地域で安心して暮らし続けるために~
2.在宅療養の推進
~医療と介護の連携強化による 24 時間の安心を目指して~
3.認知症対策の総合的な推進
~認知症になっても安心して暮らせる東京を目指して~
4.介護人材対策の推進
~質の高い介護サービスを安定的に提供するために~
5.高齢者の住まいの確保
~多様なニーズに応じた居住の場を選択できるように~
6.介護予防の推進と支え合う地域づくり
~「支えられる存在」から「地域を自ら支える存在」へ~

東京都高齢者居住安定確保計画

目標
・高齢者の多様なニーズを踏まえ、賃貸住宅や老人ホームなどの住まいが適切に供給されるよう環境を整備するなど、高齢者が住み慣れた地域で暮らせる住まいを確保
・適切に供給された住まいにおいて、高齢者が安心して日常生活を営むために必要なサービスを提供する体制を整備

目標実現に向けた取組
1.高齢者向けの賃貸住宅・老人ホーム等の供給促進
2.高齢者向け住宅等の質の確保と高齢者の入居支援
3.地域で高齢者を支える仕組みの構築
4.高齢者の居住の安定確保に向けたその他の取組



福祉人材の確保・育成・定着

○高齢化の進展により今後更に増加が見込まれる介護分野をはじめ、保育分野や障害福祉分野などの福祉サービスへのニーズに対応していくためには、福祉人材を安定的に確保し、質・量ともに充足させていく必要があります。

○しかしながら、少子化による若年労働人口の減少に加え、福祉系職種の求人状況は、経済情勢や他の業種の動向に影響されやすく、また離職率の高い職場も多いことから、福祉サービスを支える人材の確保等はますます困難な状況となっています。
都内の平成26年度の介護関連職種の有効求人倍率は4.06倍となっており、全職業の1.37倍を大きく上回っています。

○都は、これまで、福祉の仕事の魅力を発信するとともに、合同採用試験や就職説明会等による採用支援、各種研修による能力向上の促進などを行ってきましたが、このような状況に対応するため、福祉人材の確保・育成・定着に向けた取組を更に進めていく必要があります。


就職・転職コラム

同業者の中に「家族のコネでSEを退職して転職をした。」という異色の経歴の男がいるのだが、その男の考えではシステムエンジニアの業界のほうが全く比較できないほど楽な内容だったとのこと。
本当のところ就職試験の過去の出題傾向などを関連図書などで前もって調べておいて、対策をしておくことを忘れてはいけない。では就職試験の概要や試験対策について説明いたします。
内々定と言われるのは、新規卒業者(予定者)に行う採用や選考に関する企業や団体の倫理憲章(取り決め)に、正式に内定を出すのは、10月1日以降でなければいけないと定義されているので、まずは内々定という形式をとっているものなのだ。
別の会社に就職しながら転職活動を行う場合は、近辺の人に話を聞いてもらうことも至難の業です。いわゆる就職活動に比較して、話をできる相手は少々狭い範囲の人になるでしょう。
いわゆるハローワークの仲介をしてもらった場合に、そこの企業に勤めることが決まると、年齢などの要因によって、当の企業から職安に仕事の仲介料が払われるという事だ。

快適に業務に就いてもらいたい、ほんの少しでも良い給与条件を付与してあげたい、優秀な可能性を導いてあげたい、一回り大きくしてあげたいと企業の方でも思っていることでしょう。
「掛け値なしに本音を言うと、仕事を変えることを決めた訳は収入のためなのです。」こんな事例もあったのです。ある外資系コンピュータ関係の企業の営業職の30代男性社員のエピソードです。
給料自体や職場の条件などが、とても手厚くても、仕事場所の環境そのものが悪いものになってしまったら、再び離職したくなる恐れだってあります。
話題になった「超氷河期」と最初に命名された際の年代の若者は、マスコミが報道する内容や社会の動向に受け身でいるうちに「働く口があるだけで感謝するべきだ」などと、働くところを決定してしまった。
就職面接の場面で完全に緊張しないようにできるには、よっぽどの訓練が重要。とはいえ、本当に面接試験の場数をまだ踏んでいないときには相当緊張します。

いくら社会人だからといって、きちんとした丁寧語、謙譲語、敬語を話すことができる人はほとんどいないのです。逆に、社会人として普通にただの恥で済ませられるけれど、面接の際に敬語を使い間違えると不採用を決定づけるようなことが多い。
意外なものとして大学を卒業時に、新卒から外資系企業への就職を目指す方もいないわけではないが、実際のところ大概は、日本国内の企業に勤務して実績を作ってから、大体30歳前後で外資に転職というパターンなのです。
もう関わりがなくなったという態度ではなく、やっとあなたを肯定して、内定通知をしてもらった会社に臨んで、誠実な対応姿勢を取るように努めましょう。
企業によりけりで、仕事の内容や自分の望む仕事もそれぞれ違うと感じますので、企業との面接で訴えるべき内容は、各企業により違ってくるのがもっともです。
アルバイト・派遣等の仕事で形成した「職歴」を掲げて、様々な企業に面接をたっぷり受けにでかけてみましょう。とどのつまり、就職も気まぐれのファクターがあるので、面接をたっぷり受けるしかありません。