品川港南クリニック介護仕事求人【未経験介護士・看護師求人情報】

☆精神保健福祉士取得者の求人多数。

☆看護師取得者の求人多数。☆オープニングスタッフの求人特集もあります。

☆ヘルパー1級取得者の求人多数。

☆退職金制度がある求人で安心です。


品川港南クリニックでは介護職員が足りません!
雇用環境も国家戦略の元改善傾向にあります。
就職後、キャリアアップのバックアップ制度もあります。
まず、あなたの希望をお話下さい!

今すぐ求人を確認しよう!
カイゴジョブ申込み



品川港南クリニックの概要

郵便番号 〒108-0075
住所 東京都港区港南2丁目4-7
電話番号 03-3472-0085
施設形態 病院
地図
※ご注意下さい。 ※記載している介護施設とリンク先とは一切関係ありません。

品川港南クリニックの求人が募集されているかはコチラに登録して確認して下さい。


カイゴジョブ申込み



未経験介護士・看護師求人情報

☆精神保健福祉士取得者の求人多数。

☆看護師取得者の求人多数。☆オープニングスタッフの求人特集もあります。

☆ヘルパー1級取得者の求人多数。

☆退職金制度がある求人で安心です。


介護施設では今人手が足りません!
雇用環境も国家戦略の元改善傾向にあります。
就職後、キャリアアップのバックアップ制度もあります。
まず、あなたの希望をお聞かせ下さい!

今すぐ求人を確認しよう!
カイゴジョブ申込み



お探しの職種や雇用契約は?

生活相談員・ケアマネージャー・ヘルパー・家事代行スタッフ・管理栄養士・医療事務・介護事務・送迎ドライバー・看護師・機能訓練指導員・管理職・サービス提供者
の職種を希望で

正社員・契約社員・パート・アルバイト・派遣
の雇用をお探しならコチラがおすすめです!



転職するときの心得

転職とは、あなたの何かしらの要望をかなえるための行為です。
その要望は「仕事内容」「やりがい」「待遇」「地位」「勤務時間」「研修・教育 体制」「福利厚生」など人それぞれです。
大切なことは、転職活動を始めるにあたり自分の要望は何なのか、その要望は現在の職場では満たされないものなのか、ということを最初に整理して考えることです。

整理が出来たら、その要望を満たすのはどこかという観点で活動を行っていきましょう。
転職活動をしていく過程で、早く転職したいと思うあまりに転職をすることが目的になり、本来の自分の要望を見失ってしまうということがよくあります。

転職はあなたの今後の働く環境を大きく変えることになります。活動をする上で自分の要望の優先順位をキッチリつけて客観的に整理することが、本当の意味での転職成功のポイントとなります。



こんな時は転職サポートがオススメ

  • 給料が安くて将来が不安になった
  • 介護職員同士が仲が悪く仕事のミスが増えていた
  • 忙しすぎて精神的にきつくなってきた
  • 他の施設に比べても給料が安くて我慢できなくなった

転職の理由が「駅近で通勤しやすいところがいい」「夜勤専従で働きたい」「パート求人を探している」「年収300万円以上は欲しい」などの場合は特に、あなた一人で次の転職先を探すよりも、各施設の個別事情にも詳しい転職のプロの力を借りて、より希望に合った転職を実現させていくのがオススメです。

「未経験介護士・看護師求人情報」をご希望であれば、全国の介護施設全体の平均給与にも目を通しておきましょう。


あなたの希望の転職・就職を叶えます!

●介護予防の仕事がしたい。

●賞与が年2回ある介護施設を探している。

●福祉用具貸与の求人を探している。

●運転免許を活かして送迎ドライバーの仕事がしたい。

●厚生年金のある介護施設で仕事がしたい。

●介護事務の仕事を探している。

●障害者施設に勤めたい。

●居宅介護支援で仕事がしたい。

●在宅しか経験がないけど施設で働きたい!

●収入を今よりもアップさせたい!

という希望なら

☆精神保健福祉士取得者の求人多数。

☆看護師取得者の求人多数。☆オープニングスタッフの求人特集もあります。

☆ヘルパー1級取得者の求人多数。

☆退職金制度がある求人で安心です。

コチラがおすすめです!



機能訓練指導員の仕事内容

機能訓練指導員 とは

【仕事の内容】
生活機能向上プログラムの指導のお仕事

①日常生活で必要な身体機能の維持改善のための個別訓練計画の作成
②機能訓練の実施
③介護職員への指導(日常動作におけるリハ的行動)
④モニタリング など

【勤務場所】
特別養護老人ホーム(特養)・介護老人保健施設(老健)・ショートステイ(SS)・デイサービス(デイ)・介護付き有料老人ホーム(有料) など

【必要な資格】
看護師(国家資格)・准看護師(知事資格)・作業療法士(国家資格)・理学療法士(国家資格)・ 言語聴覚士(国家資格)・ 柔道整復師(国家資格)・あん摩マッサージ指圧師(国家資格)
※類似資格の中で鍼灸師は要項を満たしません




短期で働ける介護士パート

単発・短期・派遣と広がる介護士の働き方

短期や単発の仕事は、全職種問わずに働く期間が定められている働き方です。

・単発・・・・勤務日数が10日以内
・短期・・・・勤務日数が11日~3ヶ月未満

という求人が一般的とされています。

またこれらの仕事を効率良く探すには、派遣社員として働いているという方が多いのも特徴です。

仕事を探す場合は、その業界に特化した専門サイトで探す方がいろいろな情報を得ることができます。

また派遣や専門サイトですと、自分の希望の条件を伝えると、極力希望にそった条件の仕事を提供してくれます。

短期で仕事を探しているという人の主な理由は、

・自分のライフスタイルに合わせて仕事をしたい
・次の仕事が決まるまでの間だけ働きたい
・キャリアアップを目指している

など、いろいろな理由がありますよね。

他に短期で働く場合は、煩わしい人間関係から解放されるというメリットもあります。

以前正社員として介護職で働いていた時に人間関係で辞めてしまったという人も、短期間であれば働く日数も決まっているので割り切って働けるのではないでしょうか。

またいずれは正社員として働きたいと思った場合にも、短期でいろいろな介護の仕事を経験できたら自分に合った仕事を見つけやすくなりますね。




介護の現場の特徴

介護の現場の特徴に、医師と看護師のように明確に役割が分れていない場合が多い。という点があります。
例えば所長が入浴介助をする、管理者がケアのコマ入るということも多いでしょう。
大切なのは“なぜそうしているのか”を理解すること!
そうでないと「現場だけでも大変なのに、色んなことが増えるのはムリ!」とマイナス思考になってしまいます。

自分の仕事を一生懸命やろうとすると、視野を広く保つのは難しいですが、長期的なキャリア形成のためには早くから職種の役割を理解し、チーム力を身に付けたいですね。
医療の現場と異なり“完治”“快復”というゴールがない分、深く関われば関わるほどに「もっと何かできないか」と探したくなります。

今はまだ先のことが考えられない・・・という方も、将来を見据え、自分に向いていそうな役割を探して挑戦していきませんか?




東京都高齢者保健福祉計画

東京都介護保険事業支援計画・老人福祉計画

ポイント
~平成37年(2025年)を目途に、東京の地域包括ケアシステムの構築を目指す~
・平成37年を見据えた中長期的な視点で、介護サービス基盤等の充実を図るとともに、必要な介護人材を確保
・平成27年4月の介護保険制度改正により区市町村の役割が大きくなることなどを踏まえ、区市町村における地域包括ケアシステムの構築を支援
・地域包括ケアシステムを、地域の将来の姿を踏まえた「まちづくり」の中に位置付けていくという視点を明確化

重点分野
1.介護サービス基盤の整備
~住み慣れた地域で安心して暮らし続けるために~
2.在宅療養の推進
~医療と介護の連携強化による 24 時間の安心を目指して~
3.認知症対策の総合的な推進
~認知症になっても安心して暮らせる東京を目指して~
4.介護人材対策の推進
~質の高い介護サービスを安定的に提供するために~
5.高齢者の住まいの確保
~多様なニーズに応じた居住の場を選択できるように~
6.介護予防の推進と支え合う地域づくり
~「支えられる存在」から「地域を自ら支える存在」へ~

東京都高齢者居住安定確保計画

目標
・高齢者の多様なニーズを踏まえ、賃貸住宅や老人ホームなどの住まいが適切に供給されるよう環境を整備するなど、高齢者が住み慣れた地域で暮らせる住まいを確保
・適切に供給された住まいにおいて、高齢者が安心して日常生活を営むために必要なサービスを提供する体制を整備

目標実現に向けた取組
1.高齢者向けの賃貸住宅・老人ホーム等の供給促進
2.高齢者向け住宅等の質の確保と高齢者の入居支援
3.地域で高齢者を支える仕組みの構築
4.高齢者の居住の安定確保に向けたその他の取組



福祉人材の確保・育成・定着

○高齢化の進展により今後更に増加が見込まれる介護分野をはじめ、保育分野や障害福祉分野などの福祉サービスへのニーズに対応していくためには、福祉人材を安定的に確保し、質・量ともに充足させていく必要があります。

○しかしながら、少子化による若年労働人口の減少に加え、福祉系職種の求人状況は、経済情勢や他の業種の動向に影響されやすく、また離職率の高い職場も多いことから、福祉サービスを支える人材の確保等はますます困難な状況となっています。
都内の平成26年度の介護関連職種の有効求人倍率は4.06倍となっており、全職業の1.37倍を大きく上回っています。

○都は、これまで、福祉の仕事の魅力を発信するとともに、合同採用試験や就職説明会等による採用支援、各種研修による能力向上の促進などを行ってきましたが、このような状況に対応するため、福祉人材の確保・育成・定着に向けた取組を更に進めていく必要があります。


就職・転職コラム

自分自身の内省を試みる場合の注意したほうがよい点は、抽象的すぎる表現を使わない事です。漠然とした能書きでは、人事部の担当者を分からせ;ることは難しいのです。
通常、企業は社員に相対して、幾らくらいの優良な条件で就業してくれるのかということと、早期の内に企業の具体的な好収益に関連する力を、奮ってくれるのかだけを夢想しているのです。
いわゆる会社説明会とは、企業の側が催す仕事のガイダンスのことで、セミナーとも称されるものです。希望する学生や就職希望者を集めて、企業の概観や募集に関する要点などをアナウンスするというのが標準的なものです。
第二新卒⇒「学校を卒業して就職したものの短期間(3年以内)に離職した若年の求職者(一般的には25歳程度まで)」を示す言葉です。このところ数年で離職してしまう新卒者が増加傾向にあることから、このような新しい言葉が誕生したのだと聞いています。
面接選考などで、どういった部分が良くなかったのか、ということを連絡してくれるやさしい会社は見受けられないので、自分自身で直すべきポイントをチェックするのは、簡単だとは言えません。

幾度も就職試験に向き合っている中で、悔しいけれども落とされる場合ばっかりだと、最初のころのやる気が日増しに落ちていくことは、どんな優秀な人でも特別なことではありません。
転職を考慮する時と言うのは、「今の仕事なんかより相当条件の良い企業があるはずだ」こんなことを、間違いなく誰でも想像することがあるに違いない。
当たり前かもしれないが成長業界であれば、絶好のビジネスチャンスがたっぷりあって、新規事業開始のチャンスもあるし、新しく子会社を作ったり、新規プロジェクトやチームを担当させてもらえる見込みが高くなるのだ。
圧迫面接という高圧的な面接で、厳しい問いかけをされた折りに、うっかり気分を害する人がいます。同感はできますが、生々しい感情を表に現さない、常識ある社会人としての常識といえます。
今の所よりもっと収入自体や職場の条件がよい勤務先があったとして、あなたも自ら別の会社に転職を願っているようならば、思い切ってみることも重視すべき点です。

第一希望の応募先からの内々定でないからといった理由で、内々定についての返事で苦悩する必要はありません。就職活動をすべて完結してから、内々定をくれた応募先の中から決めればいいともいます。
職場の悩みとして上司が有能ならラッキー。しかし逆に仕事ができない上司という場合、どのようにして自分の能力を売り込めるのか、あなたの側が上司を手引きすることだって、大切になってきます。
色々な企業により、業務内容や自分がやりたい仕事もそれぞれ異なると感じますので、面接の機会に強調する内容は、その会社により異なるというのが当たり前です。
現時点で、就職のための活動をしている当の企業というのが、そもそも第一志望ではなかったために、志望動機自体が言えない、または書けない心痛を抱える人が、この頃の時分にはとても多いと言えます。
「魅力的な仕事ならどれだけ辛くても踏ん張れる」とか、「自分を進化させるために積極的に困難な仕事を選択する」といった場合は、かなり耳に入ります。